MENU
カテゴリを選択
志の高い就活の仲間を見つけませんか?興味がある方はこちら!

【野村不動産・住友不動産・ヒューリック】デベロッパー志望が受けるべき3社の企業研究

不動産業界の業務内容は企画、土地開発、土地・物件の売買、管理など多岐にわたります。そのうち、企画・土地開発をメインで行うのが「デベロッパー」と言われます。

三井不動産・三菱地所・住友不動産・野村不動産・東急不動産・森ビル・東京建物・NTT都市開発といった、業界大手のデベロッパーは「総合デベロッパー」とも呼ばれ、皆さんがよく知るオフィスビルだけではなく商業施設であったり集合住宅や複合施設の開発、物流センターの開発など日常に関わる様々なことに携わっています。

今回はそんななかでも若干体育会チックな野村不動産、住友不動産、そして謎に包まれているヒューリックの3社について企業分析していこうと思います。

三菱地所、三井不動産、東急不動産の記事はこちら

森ビル、東京建物、NTT都市開発の記事はこちら

目次

そもそもデベロッパーの業務内容とは?

デベロッパー 街

デベロッパーとは街づくりに関わる企画、土地開発、土地・物件の売買、管理のうち「企画・土地開発」をメインとして行う事業者のことを指します。

まず開発事業のスタート地点となるのが用地取得です。ここが一番泥臭い場面ともいえるでしょう。

デベロッパー良い土地の情報を探しています。 土地の候補が見つけ次第、開発に関わる事業の収支を計算。利益が上がる見込みがあれば、土地を取得して建築工事を開始します。

ただ地権者との交渉がなかなか難しく、いわゆるデベロッパーの人材に求められる「周囲をまきこむ能力」の素地が問われます。

その後用地取得が完了したあとに建築に入っていきます。ここで登場するのがいわゆるゼネコンです。ゼネコンにハードな部分を発注し、協力体制を気づきながら街づくりを進めていきます。

建築が予定通り順調に進んでいるのかどうか、事業主体として確認しなればなりません。

そして建物が無事完成したあとは販売を行い、終わった後はその建物が健全に運営されているかを管理します。

こうした建物の一環の流れを総合デベロッパーでは子会社を交えながら行っています。

今回はそんなデベロッパーの3社をみていこうと思います。

野村不動産

野村不動産は野村不動産HDの完全子会社で、マンション始め商業施設やオフィスまで様々な不動産を手がけるデベロッパーです。

なんといっても強みはマンションでしょう。売上に占める住宅部門の割合が約半分とマンション事業で荒稼ぎしています。

野村不動産といえば有名な「PROUD」というブランドマンションがあるので必ず押さえておきたいです。

オフィス関連でいえば「横浜ビジネスパーク」や「日本橋室町野村ビル」などは有名です。

野村不動産は「安心・安全で快適な街をつくり、そこに住まい、集う人々のくらしや時を豊かにすることで、よりよい“あした”を創り出していく」と打ち出している通り、人々の暮らしに寄り添った開発が得意だと言えます。

また、分譲・賃貸マンションから多く収益を得ているように、稼ぐ事業をつくるのが得意なデベロッパーだといえるでしょう。

もう一つ覚えておきたいことは、財閥系デベロッパーと違って「何も無いところから始まったデベロッパー」だということです。

三菱地所だれば丸の内を昔から所有していたりと、用地取得の面で利があったと思いますが、何も持っていないところから用地取得を始めて今の地位まで成り上がったいわば野武士集団だといえます。

そんな野村不動産の社風といえば体育会色が他のデベロッパーと比べると濃いといえます。

一時期女性を採用しているのかも怪しかったくらいです(今はそんなことはないので御安心を)

体育会以外でも普通に内定はしているので積極的に受けていきましょう。

住友不動産

住友不動産はデベロッパーの中でも「ガツガツ稼ぐ」とい意欲が見えるデベロッパーでしょう。

その実情が現れているのが売上です。売上高も上位に食い込んでいるのが住友不動産ですが、重要なのはその額の大きさではなく稼ぎ方です。

売上利益率が他のデベロッパーと比較するとかなり高いのです。このカラクリは住友不動産が収益力の高いビルを建設しているからです。

不動産賃貸や不動産販売など収益率が高いものに着手していたり、エリアにこだわらず高層ビルを建てまくるその姿勢は野村不動産と同様に野武士集団だといえます。

結果として東京No1の230棟以上のオフィスビルを市場へ供給しています。

再開発として六本木や西新宿、最近では湾岸の再開発を積極的に行っています。なんせ住友不動産はビルが多すぎて覚えきれないくらいです!「IZUMI GARDEN」や「有明ガーデン」などは覚えておきましょう。

そんな住友不動産の社風や野村不動産と同じく体育会系だといえるでしょう。みなさんガツガツ働いて稼ぎたい、そんな雰囲気が出ています。

我こそは体育会人材だ!という方は刺激的な環境だと思いますので是非受けてみましょう。

ヒューリック

ヒューリックといえば皆さん何を想像するでしょうか。恐らく高年収ではないですか?

年収ランキングでもいつものようにキーエンスと並んで上位にランクインしてくるヒューリック。いったい何者なんだと思っている人も多いのではないでしょうか。ヒューリックの平均年収は、2020年度の有価証券報告書によると1,708万円と公表されています。

そもそもヒューリックは不動産賃貸から始まり立て替え、開発、投資と様々部門に着手しながら成長してきたデベロッパーです。

何をしているかはこちらを見ると過去から未来まで何をするか分かるので見ておきましょう。

とにかくヒューリックは少数精鋭です。さらに高収益な構造をしているからこそ従業員に高い年収を払えるのでしょうか。

強みは「駅チカ」のビルを立てているところでしょう。駅が近いほど人の集客は良く、そういった面から確実に収益をあげているところが読み取れます。

ヒューリックの西浦様が対談で答えているところにヒューリックの強みが読み取れます。

やること、やらないことがはっきりしているからです。例えば、どういう物件なら買うかを決めています。具体的には千代田・中央・港・新宿・渋谷の5区に集中し、しかも駅から3分以内。それ以外の地区なら駅から1分以内が基本です。この基準がはっきりしているため、そういう物件情報ばかりが持ち込まれています。

(Q,なぜそんな好立地な物件を購入できるの?)第一にスピードです。当社の場合、物件情報が寄せられてから2日で意思決定ができます。2日の間に物件を見て収益計算をして決断を下します。しかも金融機関との間で2千億円までならいつでも調達できる借り入れ枠があります。ですから決済の心配もない。そのため条件に当てはまる物件があれば、当社に真っ先に持ち込まれるようになりました。

経済界ウェブより

また今後の成長方針についても以下のように語っています。

3Kとは、「高齢者・健康」「観光」「環境」の3つ成長分野です。既に当社の老人ホームの部屋数は3千室を超えました。この分野は今後も成長が期待できます。観光についても、インバウンドは2020年の東京オリンピックが終わった後も1増え続けていくと予想されます。となるとホテルの絶対数が足りない。そこで観光客・ビジネス客を対象としたホテルにも今後は力を入れていきます。

経済界ウェブより

このようにヒューリック独特の強みを貫いているからこそ今の成長率が維持できるのでしょう。

有名な開発もあります。立誠ガーデン ヒューリック京都はかなり有名なので見ておきましょう。

そんなヒューリックですが、勤続年数も5年ちょいとかなり短く、超激務なのではと思う人もいるかもしれませんが、全くそんなことはなく福利厚生も充実しており社員も満足しているようです。

社風もマイルドな人が多いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はあまり実態をつかめていない人が多い三社を取り上げてみました。いずれも人気企業ですのでしっかりと対策をして受けてみてはいかがでしょうか。

就活MAFIAでは全国の優秀な仲間が集まったコミュニティを運営しております。

皆さんの就活成功、そして本質的な意思決定を支援しております。

一人で就活するのは難しい」「客観的なアドバイスが欲しい」といった方にオススメです。

興味がある方のご応募お待ちしております。

(30秒で診断)あなたにピッタリな就活サイト診断

就活サイトやオファーサイトはそれぞれ特徴があるのをご存じでしたでしょうか?

あなたのタイプや悩みから、たった30秒でぴったりの就活サイトをご紹介します!

ビル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったら他の就活生にもシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる