MENU
カテゴリを選択
志の高い就活の仲間を見つけませんか?興味がある方はこちら!

【三菱地所・三井不動産・東急不動産】超人気の大手デベロッパー3社の特徴や社風を紹介します!

不動産業界の業務内容は企画、土地開発、土地・物件の売買、管理など多岐にわたります。そのうち、企画・土地開発をメインで行うのが「デベロッパー」と言われます。

三井不動産・三菱地所・住友不動産・野村不動産・東急不動産・森ビル・東京建物・NTT都市開発といった、業界大手のデベロッパーは「総合デベロッパー」とも呼ばれ、皆さんがよく知るオフィスビルだけではなく商業施設であったり集合住宅や複合施設の開発、物流センターの開発など日常に関わる様々なことに携わっています。

今回はそんな総合デベロッパーの中でも特に就活で人気な三菱地所、三井不動産(まとめてMMと呼ばれます)、準じて人気である東急不動産の特徴を紹介していこうと思います。

目次

そもそもデベロッパーの業務内容とは?

デベロッパー 街

デベロッパーとは街づくりに関わる企画、土地開発、土地・物件の売買、管理のうち「企画・土地開発」をメインとして行う事業者のことを指します。

まず開発事業のスタート地点となるのが用地取得です。ここが一番泥臭い場面ともいえるでしょう。

デベロッパー良い土地の情報を探しています。 土地の候補が見つけ次第、開発に関わる事業の収支を計算。利益が上がる見込みがあれば、土地を取得して建築工事を開始します。

ただ地権者との交渉がなかなか難しく、いわゆるデベロッパーの人材に求められる「周囲をまきこむ能力」の素地が問われます。

その後用地取得が完了したあとに建築に入っていきます。ここで登場するのがいわゆるゼネコンです。ゼネコンにハードな部分を発注し、協力体制を気づきながら街づくりを進めていきます。

建築が予定通り順調に進んでいるのかどうか、事業主体として確認しなればなりません。

そして建物が無事完成したあとは販売を行い、終わった後はその建物が健全に運営されているかを管理します。

こうした建物の一環の流れを総合デベロッパーでは子会社を交えながら行っています。

それでは、中でも人気な三社についてみていきます。

三菱地所

丸の内

三菱地所は数ある総合デベロッパーの中でも最難関といっても過言ではないでしょう。

特徴は東京駅西口の「丸の内」というエリアを強みとしてもっており、日本一のオフィス街としてのブランドとして名高い街づくりをしています。

降り立った瞬間に息をのむような丸の内の光景を見ると感動しますよね。

そんな丸の内には日本のトップ企業から外資系企業まで誘致しており、ほかのオフィス街とは一線を画しているといえるでしょう。

最近では完成後は日本一のビとなる「トーチタワー」を手掛けており、街並みをガラッと変えるほどのポテンシャルを持っています。

最近のニュースリリースによればトーチタワーに賃料500万円の部屋を用意するらしく、そこら辺のタワーマンションなんて比になりません。

丸の内だけではなく大手町や有楽町などとまとめて「大丸有」を読んでおり、点開発ではなく面開発をしているデベロッパーは三菱地所や三井不動産があげられます。

他にも全国津々浦々に不動産開発をしています。

名古屋の「大名古屋ビルヂング」や大阪の「グランフロント大阪」など、地域に根付くような大型ビルを開発しています。

一方でみなさんがよく使うであろうアウトレットも手掛けており、御殿場アウトレットも三菱地所です。

社風としてはエレガンスな大人、誠実な人という雰囲気を持っている人が多く、どこかユーモアを奥深くから感じる人が集まっています。

採用人数はかなり少なく毎年40人程度ではありますが、積極的に挑戦していきましょう。

三井不動産

日本橋

三菱地所と並び、就活生なら一度は聞いたことがあるはず、三井不動産。

三井不動産の特徴としては東京駅の北東にある日本橋というエリアや東側の八重洲というあたりを土地開発しています。

日本橋という商業の歴史を紡ぎ、コレド室町というファサードからこだわっているビルであったり、昔からの百貨店がテナントとして入っていたりと「歴史をくみ取りながら、地域に根ざした都市開発」が得意なデベロッパーだといえるでしょう。

有名なオフィスビルといえば「日本橋三井タワー」、「東京ミッドタウン(日比谷)」、「霞が関ビルディング」、「汐留シティセンター」などがあげられます。みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

もちろん日本橋の都市開発だけではなく様々な事業を行っており、三井アウトレットパーク、ららぽーとなどみなさんが普段使いするような商業施設であったり、三井関連のホテルであったり、物流施設、海外開発など多岐にわたる事業を行う総合デベロッパーです。

最近では公園と商業施設を一体として開発する「RAYARD」という商業施設ブランドを立ち上げたのは有名ですね。

渋谷の宮下パークであったり、名古屋の久屋大通パークなど、開発して人流を促し街の雰囲気をガラっと変えていました。

社風としてはデベロッパーの中でも住友不動産や野村不動産の次点で体育会系の元気な雰囲気が見られます。社員の方をみても非常に元気良くはきはきと話す方多く、そういった元気かつ紳士な姿勢が歴史を守り都市を変える開発に表れています。

東急不動産

渋谷

東急は「百年に一度」といわれる渋谷の再開発事業であったり、国家戦略特区に指定された竹芝エリアでの都市再生などを行っています。

十年ほど前はあれほど雑多な街であった渋谷は今となっては洗練された高層オフィスビルが立ち並び、ベンチャー企業を中心に集まる時代の最先端が集う街となっています。

エリアマネジメントとして「SHIBUYA COUNTDOWN」を担当したり、街をどうよくしていくかを地域に寄り添って開発しています。

竹芝エリアでは「東京ポートシティ竹芝」など有名なビルを開発しています。

「東急プラザ渋谷」であったり「東急プラザ表参道原宿」など外観からこだわったビルの開発で多くの人々を寄せ付けています。

住宅であれば賃貸のCOMFORIAが有名でしょうか。東京の中野、大阪の北堀江などに高級賃貸住宅を提供していたります。

そんな東急ですが一部の方は「東急って鉄道会社では?」と疑問に思う人が居ると思います。

まず東急グループについてはHPをごらんください。

東急グループは、1922年の「目黒蒲田電鉄株式会社」設立に始まり、2018年3月31日現在、東京急行電鉄を中核企業とした220社8法人で構成する企業グループです。交通事業を基盤とした「街づくり」を事業の根幹に置き、不動産、生活サービス、ホテル・リゾート、長年にわたって、皆さまの日々の生活に密着したさまざまな分野で事業を進めています。

「美しい時代へ」をスローガンに、人々の多様な価値観に対応した「美しい生活環境の創造」をグループ理念として掲げ、各社の「自立」を前提に、互いに連携しあい、相乗効果を生み出す「共創」を推し進め、信頼され愛される東急ブランドの確立を目指しています。

東急不動産HPより

まず、東急は持ち株会社です。東急電鉄(みなさんがよく利用している鉄道会社)に100%出資しており、東急不動産に20%弱出資しています(2022/1/26現在)

東急は持ち株会社でありつつも不動産事業を行っており、渋谷スクランブルスクエアもメトロなどと協同出資して開発しています。

東急は鉄道事業の沿線を開発したりすることが多いです。またその他の事業(カードなど)も行っています。

決して東急不動産とはライバル関係ではありません。今後の渋谷再開発の命運を握る大切な仲間だといえるでしょう。

そんな東急不動産の社風は穏やかながら明るい人が多いです。ちょうど三菱地所と三井不動産の中間よりといった感じでしょうか。是非OB訪問をして肌で感じ取ってみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回紹介した3社は人気が高く、就職するのがかなり難しい企業ではあります。しっかりと対策を練っていきましょう。

今後も更なる選考対策であったり他社のデベロッパーを紹介していきますのでお楽しみに!

就活MAFIAでは全国の優秀な仲間が集まったコミュニティを運営しております。

皆さんの就活成功、そして本質的な意思決定を支援しております。

一人で就活するのは難しい」「客観的なアドバイスが欲しい」といった方にオススメです。

興味がある方のご応募お待ちしております。

(30秒で診断)あなたにピッタリな就活サイト診断

就活サイトやオファーサイトはそれぞれ特徴があるのをご存じでしたでしょうか?

あなたのタイプや悩みから、たった30秒でぴったりの就活サイトをご紹介します!

丸の内

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったら他の就活生にもシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる