MENU
カテゴリを選択
志の高い就活の仲間を見つけませんか?興味がある方はこちら!

【習慣化させよう】就活に成功している人が共通して意識していること

こんにちは!
今回は就活に成功している人達が、普段から意識的に行っていることをアンケートしてまとめてみました!

意識が変わると行動が変わります。
是非、就活に成功する人がどのようなことを考えながら、就職活動を乗り越えていたのかを知り、自身の意識、ならびに行動を変革させていきましょう!

今から、就活に成功する人が共通して意識していた4つの特徴をご紹介していきたいと思います!

目次

就活に成功する人が共通して意識していたこと4選

リスト

行動の目的を考える

一番共通して多かったことは、「行動の目的を考える」ということでした。

就活では、エントリーシート(ES)、グループディスカッション(GD)、面接、インターンシップ、、、と多くの工程が存在します。
そして、内定獲得までには、何十、何百という数の企業を受けていく必要があり、情報の多さに頭がパンクしてしまいそうですね。

そんな課題を解決できる方法が、「行動の目的を考える」ことなのです。

行動の目的を考えることで、「何をすべき」で「何をすべきではない」かが分かります。
そのため、生産性を上げる事ができるのです。

そうは言っても、すぐに目的思考をできるようになる、なんて難しいですよね。。

そこで、意識づけることをおススメするのは、すべての行動の前に一歩立ち止まって、「その行動をした結果、何を自分は得たい(学びたい)のか」を自分自身に問うてみるクセをつける事です。

もし、その問いに自分自身が詰まってしまうのであれば、
「あれ、なんで自分はこれをやろうと思っていたのだろう?」と、無駄な行動だったことに気づくことができますよね。

また、目的を考える事で、その行動が必要かどうかを判断できるだけでなく、「情報の取り方がうまくなる」ため、生産性を高める事ができます。

なぜ情報の取り方がうまくなるのでしょうか?

例えば、海辺の砂浜には、たくさんの貝殻、サンゴなど、たくさんの種類があるため、「特定の何か」が強烈にあなたにアピールしてくることはありませんよね。
ただ、あらかじめ「白色の割れていない貝殻を探す」という意識があったとしたら、あなたにとっては、特別目立つものに見えるでしょう。

つまり、「人間は意識が向いているものには反応しやすい」のです。

目的思考ができていれば、あらかじめ意識を向けるべき情報がある程度わかるため、情報の渦の中からであっても、必要な情報が見つけやすくなる、というわけです。

時間管理ができる

2つ目の特徴として挙げられるのは、「時間管理ができる」ということです。

analog clock in macro photography
Photo by Tima Miroshnichenko on Pexels.com

先ほども述べた通り、就活ではやることが多く存在するため、無計画にやっていたらいつまでたっても終わらず、全てが中途半端なまま、本番を迎えてしまう可能性があります。

中途半端なままで、志望する企業に受かるでしょうか。

あなたが行きたいと思っている業界・企業は、1世代に40万人以上いると言われている他の就活生にとっても魅力的に映る可能性は十分にあります。

熱意を持った人は、確実に準備をやりきって本番を迎える事でしょう。
そんな中で、あなたはそのライバル達に勝つ自信はありますか?

やるべきことをやりきるために必要なことが「時間管理」なのです。

まず、自分が就活に費やすことができる時間を、週単位や日単位で明らかにしましょう。
そのあと、やるべきことを、着実に、その時間に集中してこなしていきましょう。

それができれば、限られた時間の中でも進捗を順調に生むことができ、それが積み重なることで大きな差となります!

インプットを欠かさない

3つ目の特徴は「インプットを欠かさない」ことです。

皆さんは就活が得意そうだと見える周りの人に共通することとして、どのようなことを思い浮かべますか?

私は皆さん共通して「自身の考え方や意見をかなりクリアに言語化することができる」という印象があります。
さらに言うと、その考えや意見の中に、インサイトやその人ならではの視点が盛り込まれていることも多いですよね。

ではそのような考えや意見は、どのようにして生まれてくるのでしょうか?

大きな要因となるのが、「インプットの量」なのです。
日々のインプットが蓄積されると、それぞれが互いにつながり、線となり面となり、思考力の土台となっていくのです。

そのため、その土台は一朝一夕で作ることはできません。日々の積み重ねがものを言います。

皆様には、ニュースや本、その他日常生活の中で触れる情報を自分に役に立つ形でインプットをし、皆様独自の思考力の土台を築いていってほしいと思っています。

なお、MAFIA’s Salonでは日々良質なインプットの素材を共有していますので、何を取り入れていけばいいのかわからない、という方は是非ご検討ください!

情報整理が上手い

就活が上手くいく人に共通する特徴4つ目は、「情報整理が上手い」ということでした!

就活をする中で、皆さん数多くの説明会に参加をしたり、OB訪問をしていることと思います。
ただ皆さん、そこで仕入れたはずの情報を、そのあとしっかりと役立たせることはできていますか?

ここを役立たせることができているか否かで、大きく差が付きます。

では以下に、情報処理の手順を説明しますね。

まず、「メモを取る」ことは大前提です。
大事なことは、「情報をまとめなおす時間」を1日30分でもいいから作るということです。

一番よくある失敗例が、「メモを取った場所がバラバラで、日をまたぐとどこに何が書いてあったか分からなくなり、結果その情報が埋もれていってしまう」ということです。

そのため、まとめなおすことで、情報の紛失がなくなるでしょう。
さらに、まとめなおすという行為自体も、記憶への定着を助けるため、効果的と言えます。

まとめ

さて、「就活に成功する人が共通して意識していたこと4選」はいかがだったでしょうか。

成功するためには、成功するに足る行動をとる必要があり、行動をするためには、意識が変わらないといけません。

上記のアドバイスなども参考に、一人でも多くの方が、成功者のマインドセットを獲得されることを願っております!
「内定後に何をすればいいかわからない」という人や、燃え尽き症候群のようになってしまう人もいると思います。

就活MAFIAでは全国の優秀な仲間が集まったコミュニティを運営しておりますので、

「一人で就活するのは難しい」「客観的なアドバイスが欲しい」といった方はぜひここで就活仲間を見つけてみてください!

strict female teacher with book pointing at scribbled blackboard

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったら他の就活生にもシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる